2008年08月09日

ヤナギラン


上高地ネタの続きです・・・・。
今日の写真は「ヤナギラン」(柳蘭)です。
 細長い葉がヤナギ(柳)に似ていて,花がラン(蘭)の花を思わせるところから,このように名付けられた花です。枝分れしない茎が高く立ち上がり,茎の先に長い穂状の花序を付け赤紫色の花をつけます。ランという名がついているが、アカバナ科の植物だそうです。
高原の夏の終わりを告げる花で、この花が咲くと夏ももう盛りを過ぎたな〜と、思わせる花で私のお気に入りの花です。
撮影したのは「河童橋」から100メートルほど明神池川に歩いた「小梨平キャンプ場」。
ここは有名スポットの「河童橋」からそんなに離れていないのに観光客があまり入らないせいかいつも静かでお薦めの所です。
上高地では比較的目にすることがない花で、霧ヶ峰や八島湿原などでは斜面が真っ赤に染まるくらいの群生になります。
これからお盆休みで上高地に出かける機会のある方は探してみて下さい。



同じカテゴリー(写真)の記事画像
夜桜【岡崎公園】
黄色い水芭蕉
花桃
薄墨桜
花筏(はないかだ)
岡崎夜桜
同じカテゴリー(写真)の記事
 夜桜【岡崎公園】 (2011-04-10 19:14)
 黄色い水芭蕉 (2010-05-09 15:01)
 花桃 (2010-05-07 10:50)
 薄墨桜 (2010-04-14 18:01)
 花筏(はないかだ) (2010-04-08 10:51)
 岡崎夜桜 (2010-04-04 13:02)

Posted by カメラ小僧  at 09:50 │Comments(1)写真

この記事へのコメント
うーんっ 上高地のヤナギランですか
安房峠から入り口交差点までは何度も出掛けるのですが・・・
是非 行ってみたい場所ですね
Posted by 豊田の和ちゃん豊田の和ちゃん at 2008年08月09日 12:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。